花粉症のつらさは人それぞれ

花粉症とガイドラインとバラ科について

花粉症の時期になりますと様々な花粉対策の医薬品が、厳しいガイドラインのもと販売をされています。花粉のつらい症状を抑えるための医薬品を購入するときには、眠くならない薬かもチェックをしましょう。効果は高いけれど、眠くなるようなお薬でしたら、花粉のつらい症状をセーブできても、仕事にならなくなるので日中は使えないことになります。

花粉症の症状を抱えている人でしたら、バラ科のフルーツにも気を付けないとなりません。果物のアレルギーも起こることがありますので、食べてみてかゆみが出たりしたら、すぐに食べるのをストップしましょう。

バラ科のアレルギーには種類が豊富ですので、何か一つがダメとは言い切れないものです。果物アレルギーは果物を食べたとき、お口の中にアレルギー症状が起こるものであり、口腔アレルギー症候群のことです。

果物に舌や唇が触れたために、その触れた部分や喉が痒くなることもあります。鼻水がたくさん出て、目も鼻のかゆみも出てきて、花粉症のような症状が出て気安くもなります。吐き気や腹痛を感じたり、皮膚にじんましんが出ることもあります。ひどくなりますと、気管支喘息の発作が出ることさあるのです。アナフィラキシーショックを起こすなど、果物のアレルギーは甘くはないです。

バラ科の果物でアレルギーを起こしやすいのは、桃に梅にプラム、梨にりんごにいちご、すももなどがあります。

ほかにもウリ科の果物でしたら、スイカにきゅうりに、かぼちゃにメロンなどもそうです。ミカン科の果物のでしたら、レモンにオレンジにグレープフルーツなどもあります。

アレルギーの症状を発症しやすいのは、同じ科に属するフルーツです。共通抗原を持つフルーツは、同じ科ではない押しても、アレルギー症状が出る可能性はあります。