花粉症のつらさは人それぞれ

花粉症と落花生ともやしについて

花粉症で悩む日本人の数は年々増えていますが、アレルギーに悩みを持つ人も多くなっています。食品に対してのアレルギーも人それぞれで、落花生などのナッツ類に反応することもあります。もやしは比較的、アレルギーは起こりにくいものの、体質というのがありますので、油断は禁物です。

しかしアレルギーを発症することなく食べることができれば、落花生ももやしも、美味しくいただくことができる食材です。落花生は豊富なビタミンEの栄養に恵まれていて、体内では作ることができないだけに、上手に補給をした成分が、ビタミンEでもあります。肉体内の細胞を上部にしますし、老化を遅くしたり、動脈硬化を予防するためにもなります。

落花生はビタミンB1も豊富なものであり、体の内側の糖分を分解して、それをエネルギーに変換させる時に、大活躍をしてくれます。乾きがちなお肌に潤いを与えるビタミンB2も含みますので、美容のビタミンもたっぷりです。

ビタミンB3のナイアシンも含みますので、肝臓での炭水化物や脂肪の代謝を助ける活躍をします。リノール酸とオレイン酸も豊富であるのは、落花生の成分の半分が脂質だからです。リノール酸とオレイン酸が多いので、悪玉コレステロールを減少させることになります。

もやしは低カロリー食材の代表格ですし、安いので家計にも優しい食材です。無味でシャキシャキしていて料理にも使いやすいので、冷蔵庫にいつもある家庭もあるでしょう。そんな何気なく料理に入れているもやしは、見た目の淡白さとは裏腹に、意外にも高い栄養価があります。もやしを食べることで、疲労回復や骨の強化に食欲の増進、ストレスの緩和の作用まであります。むくみを予防するにも、もやしが役立ちます。